ゴータバーは夕方6時から夜中3時までお腹を空かせた皆様のお帰りをお待ちしております。

 

小田急線狛江駅から徒歩6:32秒にある地下のゴータバー。コンセプトは、お客様同士が繋がり新しい輪をお作り頂けるお店をコンセプトに考えて日々営業。

 

昨今、スピード社会に身を任せた我々の生活は、どことなく無機質。そんな生活に色を1色加えるようなお店作りを仕事としております。

 

チラシがご自宅へ投函されていたお客様へ、すべてのチラシに500円引きクーポンが付いていますので、ぜひお使いくださいませ


【営業時間と住所】


【宴会なら当店にお任せ】飲み放題付きコース料理3,500円~

GOTABARでは3名〜40名様規模の宴会が可能でございます。

プロジェクター完備だからこそ出来る大切な人に贈る記念スライドショーや記念ムービーも大画面で!当店でも無料で制作可能!ぜひお問合せください。

宴会プランページへジャンプ

予約電話番号 【03-3430-3969】


【今月のお知らせ】


2020/2/1より夜7時からオープン、夜中の3時閉店、さらに月曜日と火曜日の2日間を定休日とさせて頂きます。

イギリスの科学者の言葉で「怠け者は休息を楽しむ事を知らない。さらに激しい労働は身体に休息を与えないのみならず、心に平和も与えない」という言葉があります。

40才を過ぎた私達の身体の事や、生まれてきますベイビーの事もありまして、さらには皆様と末永く末永く、御一緒させて頂くためにも、このような営業時間の短縮に踏み切らせて頂きますことをお許しください。

その代わりと言ってはなんですが、さらに皆様にとって意義のある場所作りを目指して試行錯誤し、奮起する事を誓いますので今後ともGOTABARを何卒よろしくお願い申し上げます。


【スタッフ紹介】

セクシー原(本名:原 洋介 /マネージャー) 埼玉県出身、過去に某有名店の元パティシェ。社会修行の為にマッサージ師、介護職の経験を持つ。趣味はラーメン食べ歩きと俳句。GOTABARには2018年から加わる経営陣の一人。全ての営業日担当

TERU(鳥取県出身・現役大学生) ゴールドエスコーター。ベーシストでもあり、ダイエットの神的存在。2年前80キロあった体重を1年で50キロ台まで落とす。その術がハードすぎて彼がコーチングしたスタッフで痩せた者はいない。木曜日の夜8時~夜中1時まで担当

GOTA (本名・小石川豪太)1979年生まれ北海道むかわ町和泉地区出身。18歳で札幌へ出て戸建の大工職人としてスタート。

 

4年後、色々ありまして札幌の写真家、松浦克二に師事することに。2010年に13年間住んでいた札幌市をはなれ上京。厚木市の写真家に3年仕えた後独立。居抜き物件にて写真スタジオを始めるものの、スタジオ内にバーカウンターが設置されていることを知り、「ここは飲食店の居抜き物件なのではないか?」と、やっと気がつく。それではお酒とツマミでもだしてみようかと考えた。←いまここ。

 

根っからの人と話すのが好き、人好き、お人好し。それ以外は「GOTABAR便利屋事業部」や写真撮影に出ております。フォトグラファー歴18年、各種の受賞歴があり、それらを基軸に多種多様な世界に精通。

 


【当店シェフ「原シェフ」のPVはこちら↓】


【GOTABARのYouTube集】


【便利屋事業もご利用ください】

ゴータバーでは便利屋事業部が存在致します。過去には早朝よりゴキブリの駆除、送迎事業、HP管理、内部造作大工、電気工事、写真撮影、ゴーストライター、作詞、真夜中に車でお出迎え、まぁまぁ多種多様なお願い事が寄せられました。

 

今年もできるだけ、皆様のご要望にお応えしてゆきますのでドシドシご応募ください。

 

 

お問い合わせ 090-7519-1465

LINE ID   g1212g


【GOTABARの歴史と理念】

2014年6月にGOTABARは、写真家GOTAの写真スタジオ兼BARとして東京都狛江市に誕生。

 

私たちは、いらっしゃったお客様とお客様を積極的につなげて行き、理念として「小さなコミューン」を作る事を念頭に置いている。東京という大都会で仕事が絡まない人間関係、すなわち新たなる仲間をみつけるキッカケとなる場所というものは、なかなか少ないものだよね。どんどん人と人が繋がって行く場所を日本中に!そしてこんな世の中に打ち勝つには漫画ワンピースじゃないけれど、「仲間」だとおもうんだ。それは年齢に関係なくね。


【ゴータバーのSNSはこちら】


【みんなの掲示板。改善点や要望も含め意見をくださいね】

コメント: 3
  • #3

    GOTABAR (水曜日, 25 12月 2019 15:36)

    大変お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
    サックスを演奏するときがあるというよりは、それらを使用した音楽アーティストの方々のLIVE開催が決定すれば決行されるという仕組みでございますので、今のところ未来に対しての「サックスを演奏する時」をご案内するのは難しいです。
    しかし、私どもも深くお付き合いさせて頂いており、狛江市を代表するジャズビッグバンドでもある「イズミ・スィングオーケストラ」さんにコンタクトを取って頂ければ、きっと娘様の未来も明るいものとなるかと存じます。

  • #2

    こんにちは (日曜日, 17 11月 2019 09:59)

    以前伺った事があるものです。
    その節はごちそうさまでした。

    今サックスを習っている娘が勉強の為サックスの演奏を聴いてみたいと言っています。
    そちらでは時々ライブを開催されているようですが、サックスを演奏する時はあるのでしょうか?

  • #1

    管理者テスト中 (金曜日, 12 7月 2019 15:49)

    管理者テスト中